ピアス拡張の基礎知識と拡張方法!ゲージのサイズ一覧表もあり

ハイゲージピアス

ピアスの拡張はホールを大きくするほど痛いですが、真ん中が空洞のピアスが付けられるメリットや独特の存在感から拡張を迷っている人も多いのではないでしょうか。

ある程度のゲージまで拡張すると、真ん中に穴が開いたピアスホールにさらにピアスを通す「ホールトゥホール(ホールトゥピアス)」と呼ばれる変わった付け方もできるようになります。

今回はピアス拡張に絶対必要になるゲージのサイズ一覧表から、拡張方法と注意点を解説していきます。

目次

ピアス拡張の基礎知識

ピアスを拡張するまえに、まずは軽くサイズに関する基礎知識を入れておくとスムーズです。

ピアスのゲージ(太さ)は基本的に20G、18G、16G〜というように数字が2個飛ばしですが、隣り合っているゲージのミリ数は一定間隔ではありません。

小さいゲージのうちは間隔が狭く拡張を進めるうちにミリ間隔が広くなっていく仕組みです。

私は拡張を進めながら何度もどのゲージが何ミリなのか検索していました。
これから拡張する人はぜひこのページをブックマークしておくのがオススメです( ‘ω’ )

拡張ピアスのゲージ・サイズ表

ピアスのゲージは数字が2個飛ばしで、20G〜00Gまでのサイズがあります。20Gが一番細く、数字が小さくなるにつれて大きくなります。また、00G以降はゲージではなくインチ表記になります。

※拡張器やピアスによって多少サイズ違う場合があります。(商品やサイトによって基準が0.1〜0.5ミリ程度違います)

ゲージ ミリ
20G 0.8mm
18G 1.0mm
16G 1.2mm
14G 1.6mm
12G 2.0mm
10G 2.4mm
8G 3.2mm
6G 4.0mm
4G 5.0mm
2G 6.0mm
0G 8.0mm
00G 10.0mm
インチ ミリ
11/32inch 9.0mm
7/16Inch 11.0mm
1/2Inch 12.0mm
5/8Inch 16.0mm
3/4Inch 19.0mm
7/8Inch 22.0mm
1Inch 25.0mm

SNSでいろいろな人の拡張ピアスを見ていると、人気なのは00Gと1/2Inch(ハーフインチ)です。

せっかく拡張するなら最後まで大きくしようという気持ちと、00Gまで拡張するとラージホール向けのピアスの選べる幅が広がるというのが理由だと思われます。

耳たぶの厚さや元々の開けてる位置によって、00G以上の拡張は難しい場合もあります( ‘ᾥ’ ) 耳たぶが薄くなりすぎないように注意しながら進めてください。(最悪千切れる)

拡張ピアスの呼び方

ハイゲージピアス・ラージホー ピアス

拡張ピアスは「ラージホールピアス」や「ハイゲージピアス」などと呼ばれます。

インスタやツイッターでハッシュタグ「#ラージホールピアス」「#00G」「#ハイゲージピアス」「#拡張ピアス」と検索すると、大きいピアスホールの人たちの投稿写真が見れるので、参考に検索してみるのがおすすめ!

あわせて読みたい
【ハイゲージ】インスタで見つけたかわいい拡張ピアスコーデ画像まとめ【00G】
【ハイゲージ】インスタで見つけたかわいい拡張ピアスコーデ画像まとめ【00G】ピアスが好きな人にとって「他の人がどんなピアスをつけているか?」「どんな開け方をしているか?」「どんなピアスコーデなのか?」など、いろんな人のピアスを眺めた...

ラージホールにつけるピアスの呼び方

拡張したピアスホールにつけるピアスは「プラグ(真ん中に穴がないもの)」「フレッシュトンネル」「アイレット(ラッパ状になっているもの)」などがあります。

アイレットには「シングルフレア」と「ダブルフレア」がありますフレアとはラッパ状の広がりのことを挿していて、シングルフレアは正面がラッパ状になってうしろは真っ直ぐの形状のため、抜けないようにうしろをゴムのオーリングで固定して付けます。ダブルフレアは両側がラッパ状になっているため、皮膚を軽く引っ張って伸ばしながら着脱します。

ダブルフレアは皮膚を引っ張るので、安定していないとつけられませんが、ネジ式のダブルフレア風のアイレットも売られています。ネジ式は皮膚を引っ張らないので未完成のホールにも付けられます。

ピアス拡張器(エキスパンダー)の種類

渦巻ピアス

拡張器には主にアクリルとステンレスの2種類があります。

対応するゲージで1個ずつ買う方法もあれば、通販だと20G〜00Gくらいまでセットで売っているものがあります。そこまで大きく拡張する予定がなければ一個ずつ買って様子を見ても良いし、大きく拡張するならまとめて買った方が安い場合もあります。

アクリル拡張器のメリット

  • ステンレスに比べて軽い
  • 単価が安い
  • 渦巻タイプも選べる
  • 色や柄が選べる

ステンレス拡張器のメリット

  • アクリルより滑りがいい(拡張しやすい)
  • 拡張後にピアスと連結できるタイプがある
  • アクリルより丈夫で傷つきにくい
  • アルコールや熱消毒が可能

拡張器は次のゲージに移ったら小さいのはもう使わなくなるため、金銭的な負担はアクリルの方が少ないです。値段だけでなく、軽いのでそのままつけていても耳に負担が少ないです。

ステンレス拡張器はアクリルより滑るため、拡張がスムーズです。しかし、ゲージが大きくなるほど重いため拡張後そのままつけておくのは下に引っ張られてかなり痛みと負担があります。

ステンレスはアルコール消毒や沸騰消毒ができるので、拡張後に他の耳も拡張しようかと思っている人はステンレスがおすすめ。

00Gに拡張の際、ステンレスの重い拡張器を数日ぶら下げておいたところ内側の皮膚が伸びて戻らなくなりました。綺麗なホールに戻すのには数ヶ月かかりました( ‘ᾥ’ )

00Gを目指すなら奇数の拡張器がおすすめ

拡張器は基本のゲージに対応する2つ飛ばしのサイズでしか売られていませんが、探せば奇数の拡張器が売っています。

ゲージのサイズ表を見ればわかる通り、2G以降の拡張は2mm間隔になるのでかなりの激痛です。1mm間隔で既に痛いですが、いままで「拡張意外と楽勝だな〜」と思っていた人も、2Gから2mm間隔の壁にぶつかります

2Gから00Gにするには、2G→0G→00Gという約2mm間隔の壁を2回超えなければいけません。

奇数の拡張器1G(約7.0mm)と0.5G(約9.0mm)を間に挟むことによって、だいぶ拡張が楽になります。

需要はあるはずなのに、奇数の拡張器はほとんど売られていないのが不思議ですよね。一度は2mmの壁にチャレンジしてみてもいいと思いますが、無理そうなときは奇数の拡張器を間に挟むことを強くおすすめします。

1回しか使わない拡張器になるべくお金をかけたくないものですが、2mm間隔は痛すぎて結局私は奇数を挟まないと無理でした。本当はハーフインチまで拡張予定でしたが、痛すぎるので00Gでやめました。

奇数の拡張器

ステンレス製なら先端を外してピアスとして使える拡張器がおすすめ

拡張したあとにうっかり拡張器を抜いてしまうと「痛くてピアスが入らない」ということを防ぐため、拡張器の一番太い部分がそのままピアスとして使える拡張器がおすすめです。

使い方は簡単で、拡張器をゆっくりと差し込んで一番うしろの太い部分まで到達したら細くなっている先端部分のネジを回して外します。外した部分にフレア(ラッパ状の部分)を付ければ、ダブルフレアのピアスとしてそのまま付けて過ごすことができます。

無理にピアスを押し込むとホールの内側を傷つけて肉芽などになるリスクも。このタイプならホールの内側も傷つける心配がなくスムーズに付け替えができます。

ピアスの拡張は安定したホールで1ゲージずつが基本!

拡張ピアス 拡張器

ピアスの拡張は、安定したピアスホールで、1ゲージずつ順番に段階を踏んで拡張を行います。

また、拡張のタイミングは1ヶ月に1ゲージ大きくするくらいが目安です。拡張器はほぼ使い捨てになるので、飛ばして拡張したくなる気持ちもありますが、血液や滲出液が出なくなるまで最低でも約2〜3週間くらい必要です。

「安定していない方が拡張しやすいのでは?」とも思いがちですが、安定していないと余計な出血や腫れが伴うので、必ず安定したホールで拡張します。次のゲージに拡張するときも、1ヶ月という数字よりもホールの腫れが引いて安定してきたかどうかで次に進むかどうか判断するのがおすすめです。

拡張は好きなゲージから始めて好きなゲージでやめられる

元々のゲージが20Gでも、14Gでも、そこから順番に対応した拡張期(エキスパンダー)を使って段階を踏んで徐々に広げていくだけなので、元のピアスのゲージは拡張に関係ありません。

好きなゲージから始めて「このくらいの大きさで良いかなと思ったら」そこでやめてOKです。拡張をやめて安定させるときは、しばらくはファーストピアスと同じように付けっぱなしにして、ピアスホールに負担をかけないようにさせて完成させます。

ピアスの拡張を一気にやると、急激な負担で見た目がシワシワになって「お尻の穴」などと表現されます( ‘ᾥ’ )痛みも強くトラブルリスクも高くなるため、1ゲージずつ段階を踏んで拡張は絶対です。

▼拡張でしわしわになってしまったピアスホール
blank

軟骨ピアスは拡張に不向き

軟骨ピアスは拡張に向いていません。拡張は基本的に耳たぶ(ロブ)のホールで行います。

軟骨は「骨」なので、無理やり広げようとするとヒビが入って骨折したような状態になります。耳たぶの拡張でも無理やりすれば激痛ですが、軟骨は痛い上にせっかく安定したホールがほぼ100%トラブルになります。

軟骨の広い部分(アウターコンク付近)に穴をあけたい場合は、ダーマルパンチという耳をくり抜く方法で最初からやりたいゲージの大きさにする方法があります。

ダーマルパンチで軟骨ピアスを拡張する(くり抜く)方法

軟骨部分を向こう側が見えるくらい拡張したい場合はダーマルパンチという耳を円形にくり抜く方法があります。

軟骨部分の拡張はトラブルが起こる上に、骨なので耳たぶのように向こうが見えるくらい大きく伸ばしていくのは難しいです。拡張できたとしても14G〜12Gくらいが限度です。

昔はダーマルパンチやピアッシングニードルが通販で普通に買えましたが、医療器具という扱いで一般人の入手は困難になりました。そもそも、ダーマルパンチは出血があるためセルフではやらない方が良い施術です。

文房具の穴開けパンチが通販で出てきますが、ダーマルパンチと間違えて購入しないようにしてください。

軟骨を大きく拡張したい場合は、ダーマルパンチに対応したピアススタジオで施術してもらいましょう。

ピアスホールの拡張方法

ピアスの一般的な拡張方法は拡張器(エキスパンダー)を使った方法です。

ピアスの拡張は大きいゲージになるにつれて激痛になり、出血や滲出液(しんしゅつえき)が出てくることもあります。万が一の感染症リスクを防ぐため、フリマアプリなどで出品されている知らない人の使用済みの拡張器を使うのはおすすめしません。

ある程度拡張したいけど「1回しか使わない拡張器を何個も買うのはもったいない」という人は、ひとつずつ買うよりもまとめ買いの方が安くておすすめです。拡張器と拡張後に付けるピアスがセットになっているとさらに良いです。

ピアス拡張器(エキスパンダー)を使った拡張方法

ピアス拡張の一般的な方法で、先が尖った拡張期(エキスパンダー)を使って、一段階ずつ広げる方法です。

用意するもの

  • 現在のゲージよりひとつ上の拡張器
  • 軟膏やワセリンなど滑りをよくするもの
  • 拡張後のゲージに対応するピアス
  • 消毒液

ピアスの拡張方法

  1. 耳と手を消毒して清潔な状態にする
  2. ピアスホールにワセリン()を塗って滑りやすい状態にする
  3. 拡張器の細い部分からゆっくりと挿し込む
  4. 深呼吸しながら徐々に最後の太い部分まで挿し込む
  5. 痛みが落ち着いたら対応のゲージのピアスに付け替える

※その他軟膏でも代用可能ピアスの消毒ジェル、オロナイン、ドルマイシンなど滑りを良くするものとして軟膏も使えますが、コスパを考えると傷口を保湿する意味でもワセリンがオススメです。

▼ゆっくりと拡張器を滑り込ませてください。ゲージが大きくなってくるとミシミシという音がして結構痛いです。
ピアスの拡張方法

▼重みで拡張器が抜けないように前後をゴムのオーリングで固定します。
ピアスホールの拡張方法

拡張後は無理にピアスを付け替えなくても、拡張器を挿したままオーリングで留めて数日過ごしても大丈夫です。拡張器は長く引っかかりやすいので、痛みや腫れが落ち着いたら負担のないピアスに交換するのがおすすめです。

▼このままだと重みで抜け落ちるので、ピアスに交換するか前側もオーリングで固定しましょう!blank

ゲージの間隔が2mmになる2G以降はかなり痛いし拡張後も鈍い痛みが続きます。拡張後はホールが傷ついて黄色っぽい滲出液が出てくるため、毎日のシャワーで丁寧に洗浄をしてください。

拡張後はホールが傷ついた状態になるので、ファーストピアスと同じく金属アレルギーが起きにいとされる、サージカルステンレス製や準チタン製などのピアスがおすすめです。

ボディピアスを使った拡張方法

20Gから12Gくらいまでは、ゲージの間隔が0.2mm〜0.4mmと狭いため、段階を踏んで1つずつゲージを上げていけば拡張器なしでもほぼ無痛で拡張できます。(個人差あり)

いまよりも1ゲージ大きいサイズのピアスを用意して、お風呂上がりなど皮膚が伸びやすいときにゆっくりとピアスを挿しこみます。最初はきつく感じますが、数時間〜数日で馴染んできます。

きちんと安定したホールで、勢いよく差し込んだりしない限り血が出たりすることもなく簡単に拡張できるので、「向こう側が見えるほどは拡張しない」という人におすすめの方法です。

ピアスの拡張は1ヶ月に1ゲージずつくらいが目安ですが、12Gくらいまでは負担が少ないため、様子をみつつ馴染んだら次のゲージに拡張していっても大丈夫です。血や黄色い滲出液(しんしゅつえき)が出る場合は安定を待ちましょう。

ピアスの重みを使って地道に拡張していく方法

ある程度(8G〜4G)拡張したあと、さらに拡張したいけど痛みに耐えられない人向けのやり方です。

シリコンタイプのフレアアイレットを入れて、そこにホールトゥホールして重いCBR(キャプティブビーズリング)をつけておくと徐々にホールが伸びて拡張されていくというもの。

▼「ホールトゥホール(ホールトゥピアス)」とは、空洞のピアスの中にリングピアスを通す付け方
ピアスの変わった付け方(ホールトゥホール

時間はかかりますが、ホールトゥホールで重いリングピアスをつけておくと徐々に拡張が進んでいきます。

この方法だと徐々に拡張されるため、拡張するときのミシミシッという痛みが軽減されますが、拡張器を使うよりも穴が下に伸びて下側の皮膚が薄くなってくる可能性があります。

様子を見ながら下側の皮膚が薄くなってきていると感じたら、千切れてしまうまえにやめてください。重みで拡張するといまが何ゲージなのかわからなくなってしまうので、できれば拡張器を使って大きくしていくのがおすすめです。

2mm間隔の拡張がどうしてもできなくて、地道にゆっくり大きくしていこうと思える人は試してみる価値ありです。

00Gくらいまで拡張したあとは、暇な時に指をひっかけて遊んでいると徐々に伸びるという拡張方法(?)もあります。

ピアス拡張の注意点

ボディピアス

ピアスの拡張は大きくしすぎると将来塞がらない可能性もあります。気にしない人がほとんどだと思いますが、好きになった相手がピアスをあまり好きじゃない可能性もあるかもしれません。

大きく拡張するならタトゥーと同じくらいの気持ちで「絶対飽きない」と思える人や「飽きたらそのとき考えよう」と楽観的になれる人にはおすすめです。

拡張ピアスは将来塞がらない可能性大

ふさがらない

どこまで拡張するかによりますが、00Gくらい大きく拡張したピアスホールは将来塞がらないと思った方がいいです。

ゲージを小さくしたいと思ったら、ピアスを外しておけばホールは小さくなります。人の治癒力もそれぞれなので、絶対ではないですが、穴が残る可能性が高いです。塞ぎたくなったら穴を肌色のシリコンなどで塞ぐか病院で縫うかになります。

ピアスを卒業して拡張した穴だけ残している人をみると、なにかピアスを入れたい気持ちになります。風水的にも体に穴がある状態は風穴から運気が逃げていくとされていて、ピアスは付けていた方が良いです。

拡張するならタトゥーを入れるのと同じくらいの気持ちで、一生ピアスと共に生きていくつもりで拡張することをオススメします。

もし現在学生などで将来就職などで困る可能性が少しでもあるなら、どのくらい拡張するかは考えた方がいいかもしれません。

皮膚がたるむと印象が変わるかもしれない

耳も皮膚なので、歳をとるにつれて少しずつ皮膚の見た目が変わる可能性があります。

また、見た目だけではなく、ピアスの重みで少しずつゲージが緩んでいってダブルフレアのアイレットピアスなどは耳から勝手に抜け落ちやすくなったりもします。ピアスのフレア部分に指を入れて遊んでいる人も徐々にホールが拡張されて緩んでくることもあります。

将来的に自分の服装や好みが変わっていって、「自分の服装と拡張したピアスが似合わない」と自分で感じる日がくるかもしれません。

よくタトゥーやピアスの話題で「おばあちゃんになったときどうするの?」という疑問が出ますが、「その時はその時でまた考える!」と思えるならきっと大丈夫です。

拡張ピアスは偏見の目で見られやすい

ピアスを開けている人の多くは「まわりの目なんて気にしていない」という人がほとんどだと思いますが、あえて注意点を伝えるなら偏見の目で見られやすいということがあります。

片耳一個ずつのピアスは結構一般的になっていますが、それをわざわざ拡張するのでふつうのピアスよりも存在感が出ます。一般人からは「痛そう」「気持ち悪い」「理解できない」という感想も多いと思います。

私は00Gと4Gのラージホールがありますが、男女共に「かわいい」「かっこいい」「同じくらい開けてみたい」「羨ましい」「真似したい」と言われることもありますが、半分くらいは「痛々しい」「どうして?」「ドエムですか?」「部族」などなど感想はいろいろです( ‘ᾥ’ )!

ピアスの拡張はやりたいからやるものです。誰がなんと言おうとかわいいのですが、偏見の目が心配なときはもう少し考えてみるのもいいかもしれません。

拡張がきっかけでピアストラブルになる可能性もある

ハイペースな拡張や、ゲージを飛ばした無理な拡張はピアストラブルに発展する可能性があります。

ピアスの拡張は、1ヶ月に1ゲージを目安に1ゲージずつ段階を踏んで拡張するのが基本ですが、実際は「そんなにスローペースでできない!」とハイペースで拡張する人がほとんどだと思います。

ゆっくり拡張していくこと進める私も、自分では我慢できずに1〜2ヶ月の短期間で18Gから00Gまで拡張して実際トラブルになりました。そもそも、スローペースで拡張したところでラージホールにするにはそれなりに痛い思いをすることに変わりはありません。

ただ、ゆっくり拡張することでできるだけトラブルを減らし、綺麗なピアスホールに近づけることができます。

無理なピアスの拡張で起こるトラブル

  • 肉芽になる
  • 皮膚(ピアスホール )がめくれあがる
  • ピアスホールがじゅくじゅくする
  • 流血が止まらない
  • ピアスホールが裂ける
  • 完成したホールがいびつ・シワシワになる

肉芽は、体がピアスを異物と判断することでできるため、段階を踏んで拡張してもできる可能性はあります。ピアスの拡張は完成したホールを壊しているようなものなので、多少の腫れも当たり前に起きます。

リスクも踏まえた上で「それでもピアスが好きだから拡張したい」と思う人はぜひ拡張にチャレンジしてみてください。

短期間で拡張するのは自分の治癒力と相談しながら自己責任ですが、皮膚がめくれあがると治らない可能性もあるため、ゲージは飛ばさずに必ず段階を踏んで拡張してください。

あわせて読みたい
ピアスの肉芽はセルフケアでも治せる?原因と治し方・疑問解決
ピアスの肉芽はセルフケアでも治せる?原因と治し方・疑問解決軟骨ピアスは耳たぶよりも肉芽になりやすい部位でもありますが、初期のうちならセルフケアで治すことも可能です!今回はピアスの肉芽の基礎知識から自宅でできるセルフケア、肉芽に関する疑問について解決していきます。
あわせて読みたい
ピアスホールが腫れる理由と対処法!ホットソークや市販薬を試してだめなら病院へ
ピアスホールが腫れる理由と対処法!ホットソークや市販薬を試してだめなら病院へピアスが急に腫れてくると放っておいてもいいのか、病院に行った方がいいのか不安になりますよね。今回はピアスホールが腫れてしまう理由と対処法についてわかりやすく解説していきます。
よかったらシェアお願いします!

筆者プロフィール

モーリ モーリ ライブフォトグラファー / WEBライター

高校入学と同時にピアスを開けたことをきっかけに、全盛期は両耳17個。
一番お気に入りは左耳のラージホール00G。ピアスはファッション的にも気持ち的な武装としても良いです。

目次
閉じる